雨晴ネットワーク@サロン

「マンボウの見たけしき(作:高岡市立古府小学校K.Uさん)」

日本から遠くはなれた南の海に、マンボウのマンタロウが住んでいました。
 マンタロウは、きれいなものやめずらしもの、そして、楽しいことが大好きで、毎日、イルカやクジラと遊んだりしていました。山手線車体広告
 ハワイへ行ったときは、海水よくに来ている人たちがたくさんいて、マンタロウも楽しくてはしゃぎまわっていました。
 ある日、マンタロウは、南極に行きました。
そこでは、ペンギンたちと遊びました。
ペンギンは、
「おーい、マンタロウ君、いっしょにおにごっこしようよ!」
とマンタロウに言いました。
マンタロウは、
「いいよ。でも、君たちは鳥なのに泳げるのかい?」
「ぼくたちは鳥だけど、泳ぎはとくいなんだ。」
ペンギンは言いました。
「じゃあ、ぼくがさいしょにオニになるよ。10数えるあいだににげてね。」
マンタロウがそう言うとペンギンたちはいっせいに泳ぎだし、あっというまに見えなくなってしまいました。マンタロウは、いっしょうけんめい泳ぎましたがとても追いつけません。追いかけているうちに南極から遠くはなれ、気がつくと日本の近くまで来ていました。
「ペンギンさんたち、どこへ行っちゃったのかなぁ・・・。」
と 、キョロキョロしながら言いました。
そのときです。一枚の新聞が流れてきました。その新聞には、こう書いてありました。
《海から見える三千メートルの級の山々 雨晴海岸》
その新聞にはとてもきれいな写真ものっていました。
「そうだ!ここへ行ってみよう。」
マンタロウは、おにごっこをしていたこともわすれ、頭の中は新聞で見たきれいなけしきでいっぱいでした。マンタロウは、泳ぎは上手ではありませんが、いっしょうけんめいにその雨晴海岸をめざして泳ぎました。
とちゅうで白エビたちにかくれんぼにさそわれましたが、マンタロウは、
「今いそいでいるから、またね」と言って雨晴海岸をめざしました。
 あるとき、道にまよいそうになったとき、たくさんのブリに出会いました。
「ねえ、ブリのみなさん、この海岸へ行きたいんだけど、どうやって行けばいいの?」
「ここだったら、ちょうどこれから行くところだよ。ぼくたちの散歩道なんだよ。いっしょに行こうよ!」
マンタロウは、ブリたちといっしょに行くことにしました。ブリもペンギンと同じようにはやく泳ぎましたが、マンタロウはなんとかがんばってついていきました。
「マンタロウ君、あそこに見える岩が、その新聞にでてる岩だよ。じゃあ、ぼくたちは、ここでお別れだよ。」
「ブリさんたちありがとう。ここまで来れば、あとは一人でもだいじょうぶ。ほんとうにありがとう。」
マンタロウは、ブリたちにさようならを言ってけしきが一番よく見える場所まで泳いでいきました。
そのけしきは、マンタロウが生まれて初めてみた、とてもすばらしいものでした。マンタロウは、時間がたつのもわすれ、ずっと長い間、きれいなけしきにみとれていました。
「こんなすばらしい、きれいなけしきは初めて見た。ずっと見ていたいけれど、帰らなくちゃ。みんな、心配しているかもしれない。」
そう思ったマンタロウは、南の海に向かって泳ぎ出しました。
マンタロウは、いつのまにか、とっても泳ぎがうまくなっていました。

※原文のまま掲載しておりますので、漢字が少ないなど、読みづらい点はご理解ください。